ちえぞうブログ

歌って踊って『フラメンコ』
お笑い大好き『大阪生まれ』
150歳まで生きるよ『健康オタク』
あーーーー、人生面白い!!

2018年03月

『人生の勝算』やまもりすごい!

『人生の勝算』著者/前田裕二

やまもりすごい!

やまもり勉強になる!

SHOWROOM株式会社
代表取締役社長
前田裕二


人生の勝算 (NewsPicks Book)


これを読んだ人みんなが同じように思うかは分からないけど、
逆境が人を強くし、
自分の人生に責任を持ち、
自分で切り開く力がつくんだなと思う。

自分の人生どう生きるかはそれぞれだけど、
やりたいのに出来ないとか諦める前に、
読んでみるといいかも。


人生の勝算 (NewsPicks Book)


【トースト放浪記】文具屋さんでトースト

田園都市線の市が尾駅に午後から予定があったので、
知らない街のカフェを探して行ってみようと、
ネットで検索したら出てきた、
駅前にある【文具珈琲】

名前からして文房具があるだろうな~と想像出来る、
ちょっとワクワクする感じのカフェ。

市が尾駅、東口に出て坂を少し下ると和菓子屋さん。
その2階。

29572564_1687061014715886_8756994210779225610_n


こじんまりとしたカフェで、
中に入ってみると、
良かった、やっぱりあった文房具!!!

文房具は後でゆっくり見るとして、
席についてメニューを見たら、
あらやだっ!バタートーストがあるじゃない!!!
これは頼まない訳にいかないよね。

って事で、
バタートーストといちごジャムとアイスカフェオレ。

19656922_1687061011382553_5046970691152641965_n


お店はオジサマが一人でやっているらしく、
お友達の常連さんらしいオジサマなお客様が、
入れ替わりに何人かいらして話しが盛り上がってた。

私は一人のんびりとトーストを頂く。

オジサマ一人で切り盛りしてるのに、
出てくるものは丁寧に作られた感じがあってGOOD!

トーストもバターが乗って出てきて良かった~。
温かい内に溶けてくれました。

そして、ほら、【文具珈琲】な訳だから、
文房具を見ないとね。
そして見てると欲しくなるんだな~。
だって、面白い文房具が多いのよ。

今回ゲットしたもの。

29792333_1687418858013435_9187436067331338587_n


左から
・携帯の充電器などのコードを固定するやつ。
・祝儀袋(使い道未定だけど可愛くて)
・『ありがとうございます!』の付箋
・海の動物などの付箋

しかも文房具全部50%OFF。
なぜ半額なのか聞かなかったけど、
閉店ではないと思うんだけど。。。(笑)

面白くて、
のんびりできて、
美味しいカフェでした。

【文具珈琲】
https://mrs.living.jp/denen/town_gourmet/reporter/2569873



それからエサレンのマッサージを受け、
フラメンコのレッスンに行く。

今日は満月。
かなりパワー充電出来た感じです。

【検証シリーズ】食べない理由を検証する

『うちの猫は好き嫌いが多くて』
『買ってたキャットフードも半分は捨てちゃうの』
そんな飼い主さんの悩みの声を時々聞きます。
今日は、猫ちゃんがごはんを食べない理由を検証してみましょう。


■その1 急に食べなくなるケース

昨日まで食べていたフードなのに、
今日はまったく食べない、
という事が起こります。
同じフードなのにとか。
1袋は完食したから安心して2袋目を開けたら、
1口も食べないとか。
ケースで買ってきた缶詰なのに、
5缶食べた後はまったく食べないとか。


■その2 新しいものは食べないケース

いろんなものを食べさせたくて、
いつもと違うものを買ってきても食べないとか。
ドライフードは食べるけど、
ウェットフードや生肉は食べないとか。
新しいもの好きではないケース。



いずれにしろ猫ちゃんというのは、
食べなくなるとガンとして食べないものですから、
そこが飼い主さんの悩みの種です。

なんでも美味しく完食してくれる猫だったら、
どんなに楽だろうと思いますね。
でも食べない姿を見ているのは辛くて、
あれやこれやと対策を立てて頑張るのが猫の飼い主さんです。
ワンコと違って食べない悩みが多いのはなぜでしょうか?


1.ニオイが重要

猫はニオイで食べる動物です。
ニオイが無かったら食べ物という認識が薄れてしまいます。

フードを開封してしまうと、
ニオイがどんどん飛んでしまいます。
ドライフードなどは出来るだけ空気に触れないよう、
袋から空気をしっかり抜いて保存しておきたいものです。



2.酸化して気持ち悪い

人間で言うと、
1ヶ月使い続けている酸化した油で揚げた天ぷらを食べたら、
気持ち悪くな、しばらく天ぷらを見るのも嫌になる事があります。

それと同じように酸化した食べ物は猫も気持ち悪くなるでしょう。
そして、次から食べなくなる事もあるでしょう。

質の悪いフードの中には、
酸化した油を使用しているものもあります。



3.生後1歳までに食べた事がない

猫は魚が大好き、
だから生魚を買ってきてあげたのに全く食べない。
こんな経験をされた事はありませんか?

猫は生後1歳になるまでに食べたものを、
自分の食べ物と認識するようです。
子猫の時に食べる機会がなかったものだとすると、
大人の猫になった時に、
急にごはんだと言って出されても食べ物だと思ってくれません。

生魚を食べてくれないのは、
1歳までに食べた事がないのかもしれません。



4.自分に必要ない

肉食動物に炭水化物は必要ありません。
野菜でさえ必要ありません。
猫の体が必要としていないのであれば、
猫が食べない理由の1つとなるでしょう。




猫は変化があまり好きではありません。
食べないごはんがあったとしたら、
ゆっくりと認識させる事も必要です。
2年くらいかけて手作り食を食べてくれるようにしたと、
喜んでいた飼い主さんもいらっしゃいます。

少しずつ少しずつ、
気付かれない量を今食べているフードに混ぜながらなじませていくと、
いつの間にか自分で食べ物と認識してくれる日が、
来るかもしれません。
かも。。。ですが。(笑)


何度も言いますが、
猫は肉食動物です。
完全な肉食動物です。

猫の食性を大切に考えて選んであげると、
捨てるフードも減ってくるかもしれませんね。

野生に近い『猫』という生き物は、
謎が多い生き物です。
何かと大変な事もありますが、
猫の飼い主として、
さぁ今日も頑張ろう~。

【検証シリーズ】猫のごはんを検証する

今回は『猫のごはん』を検証してみます。
猫のごはんと言ってまず思いつくのは、
『キャットフード』です。

キャットフードの中には、
・ドライフード 
・缶詰やレトルトなどのウェットフード
などが含まれます。

現在は何種類くらいのキャットフードが販売されているのでしょう?
多分何千種類というすごい数になると思います。
ドッグフードよりはるかに数が多いのです。

猫は好き嫌いがはっきりしていて、
イヤなものは食べません。

食べたくないものは残したり、
ニオイを嗅いだだけでそっぽ向いたり、
砂をかける仕草をしたり。。。

好き嫌いが多いのでいろいろ試します。
こっちがダメならあっち。
あっちがダメならそっち。

開封した直後は喜んで食べたりするのに、
1口2口食べるともう終わっちゃったり。
同じものが続くと食べなくなっちゃったり。
そんな事がザラに起こります。

猫的にはお腹は空いているはずなんですよ。
でも気に入らないと食べない。
どんなにお腹空いても食べない。
どんな事をされても食べないという頑固ものです。

せっかく買っても捨ててしまう割合が以外に多いという、
悲しい事実です。

ですから種類がたくさんあるのは助かる部分ですね。

種類はたくさんあるものの、
キャットフードはまだ歴史が浅い世界です。

日本でペットフードが販売され始めて、
まだ50年程しか経っていません。

最初のキャットフードは、
犬用のものを改良しただけだったそうです。
しかし猫用フードとしては問題が生じできました。
肉食である猫によって栄養が足りなかったのですね。

それから『タウリン強化』したフードが販売されるようになりました。
タウリンは動物性たんぱく質に多く含まれる栄養素です。

タウリンを補ったからといて栄養が完全になったかと言ったら、
そんな事はありません。

原材料だけでは栄養が足りない、
つまり動物性たんぱく質が足りない訳なので、
栄養素だけ足しても完全ではありません。

元々の始まりは犬用ビスケットからでしたので、
仕方ないですね。

このようにキャットフードとは人間が作り出したもので、
まだまだ完成されたものではありません。
開発途上です。

その前に猫の事ががまだまだ分かっていません。
解明されていない事だらけですね。
人間が分からない事だらけです。

そんな分からない猫の食事のキャットフードですが、
完璧なものが出来るはずがありません。

そうすると、
完璧でないキャットフードだけを食べさせていいのだろうか?
という疑問にたどりつきます。

キャットフードは人工的に作られたもの、
もっと自然に近いものを食べさせる必要があるんじゃないだろうか?

猫はネズミねずみを捕まえるために船に乗せられ、
航海した動物で、
ネズミ退治からペットに転向されました。

猫はネズミがごはんでした。
ネズミは丸ごと食べられますので、
食事としては完璧な総合栄養食と言えるのかもしれません。(笑)

でも最近の猫ちゃんはネズミは捕りません。
周りに居なくなってしまったという事もありますし、
キャットフードに慣れてきた、
という事もあるかもしれません。

環境の変化ですが、
本当でしたら総合栄養食であるネズミを食べるのがいいのかもしれません。

だとしたら、
猫ちゃんにネズミを食べさせてみるのもいいかも~。

猫ちゃん自身が『ネズミ』はいらないよ~って言うかもしれませんが、
今はハツカネズミの冷凍が売られているんですよ。
食べさせてみたい、
という方はネットで検索してみてください。

時々は総合栄養食のネズミを食べさせた方がいいかもしれないですね。
買っても食べてくれなかったらショックですけど。

その前に冷凍庫にハツカネズミを入れておけるか、
という問題がありますね。

私はムリですけど。。。。(◎_◎;)

ハツカネズミが無理な方は、
スーパーで売ってるお肉やお魚の切り身にしておきましょうね。

次回は猫が『キャットフードを食べない理由』について、
検証してみたいと思います。

お母さんになる人も、そうでない人も、読んで欲しい。

『自然にかえる子育て』真弓定夫

28872236_1663516127070375_8864990452323975168_n


15年くらい前に出会ったこの本は、
ビックリする事がたくさん書いてあります。

しかし、
私にはとても納得できる事ばかりで、
真弓先生の考え方に賛同した生き方をしようと思ったのです。


◎「牛乳はよい飲み物」というアメリカによるマインドコントロール
皆さんも中学校で給食の牛乳を飲んだかもしれません。
小学校1年生でも中学校3年生でも、給食の牛乳は200ccです。
小学校1年生と中学校3年生の体格の違いを考えてみてください。
かなりの違いがあります。
けれども給食の牛乳の量は同じ200ccです。
これは、おかしくないでしょうか?


◎皮膚呼吸を妨げる石油製品
呼吸の16分の1くらいは皮膚呼吸なのですが、
石油製品のパンティストッキングによって皮膚呼吸が妨げられました。
しかし、パンティストッキングよりもっと怖いものがあります。
石油おむつです。
石油おむつには、ほんのわずかですが紙が入っています。
紙おむつという名前をつけるために、何の役にもたたない紙が入っているのです。


などなど、衝撃の事実がたくさんです。

アマゾンで調べてみたら新版になっていて、
表紙が変わっていました。





真弓先生はご高齢との事で、
病院を閉じられたそうです。

こんな先生が増える事を望むしかありませんね。

スポンサードリンク