小学生4年生の時、
初めて猫を飼い始めました。
その時は私というより、
母親が世話をしていたと思います。

その猫のごはんは、
ドライフードがメインでした。

その頃はまだ、
猫のごはんはキャットフードと思ってましたので、
スーパーで買ってきたドライフードを食べさせていました。

後から知ったのですが、
猫は生後1年までに食べた物を『食べ物』と認識するらしいのです。
ですから、子猫の時期に何をどれだけ食べるのかは、
とても重要な事なんですね。

その事を知ってからチャーリーを飼い始めましたので、
子猫の頃にはいろんなものを食べさせました。

ドライフードはもちろんですが、
缶詰やウェットタイプのフードもいろいろ。

市販のお肉やお魚。
にぼし、かつおぶし、のり、なまり(魚を蒸したもの)、
などなど。

野菜や果物はどうなか?と思ったのですが、
猫は肉食動物ですからあまり必要ないかなと思いやめました。

実際に食べさせようと思っても食べないですしね。
果物は特に苦手ですね。

おやつは小麦粉などで作ったクッキーではなく、
動物性たんぱく質のもの。

猫はおやつも肉や魚を摂る事が大事です。

肉食動物である猫のごはんは、
やはり肉です!魚です!!

ごはんだけではなく、
おやつもやはり肉です!魚です!!(笑)

ドライフードは肉や魚だけでは作れません。
どうしても炭水化物が必要になります。

ですから、猫ちゃんの場合、
ドライフードだけをずーーーと食べ続けているのは
ちょっと心配です。

必要な動物性たんぱく質の栄養が不足してくるのです。

ドライフードだけではなく、
缶詰や市販のお肉やお魚を加えてあげましょう。
体は食べたもので作られます。

しっかりと体全体に栄養を行き渡らせる為にも、
猫には動物性たんぱく質をしっかり食べさせてあげてください。

チャーリーの子猫の時にいろんなものを食べさせたお陰で、
好き嫌いなく育ってくれました。

肉も魚もドライフードも缶詰も、
なんでもOKです。
特に好きなのは、やはり生のお魚ですね。

子猫の時の食性はほんとに大事です。

好き嫌いなく食べてくれる事は、
猫の飼い主としてほんとうに助かりますからね。