みなさん飼っているのは猫だけですか?
それとも猫と犬と両方飼っていますか?

猫と犬は人間と一緒に生活し始めて長い動物ではありますが、
違う種類のため性格が違います。

猫は単独で行動しますが、犬は群れで行動します。
猫は完全肉食ですが、犬は雑食に近い肉食です。
猫の行動範囲は立体的で、犬は平面的。。。などなど。

猫だけで飼う場合はそんなに問題は起きませんが、
猫と犬と両方を飼う場合は心配な事が多くなりますね。

仲良くいてくれるだろうか?
ケンカしないだろうか?
別々の部屋にしないとダメだろうか?
など。

もし、猫と犬とどちらも飼いたい、
そして仲良くして欲しいという場合、
猫を後に飼った方が比較的うまく行きやすいです。

単独行動の猫ですから、
自分のテリトリーに他の動物が入ってくることを嫌います。

大人の猫の場合は特にそうで、
嫌いな犬が近づいてきたら、
威嚇して猫パンチパンチ!!
爪を出して引っかく!!
猫は高いところへ逃げ、犬は出血!

な~んて事になりかねません。
これではお互いにストレスになってしまいます。


私の家に来た順番をお話しすると、

1.ショーン(猫)
2.レディ(犬 ラブラドール)
3.チャーリー(猫)

の順でした。

猫のショーンは犬のレディの事が嫌いではありませんでしたが、
特別好きではなかったようです。
でも、レディはショーンの事が大好きで、
遊んで欲しくて仕方ないのです。

3番目にチャーリーが来ました。
まだ何もわかっていない子猫の時に
ショーンやレディに会いました。

チャーリーはショーンもレディも大好きで、
特にレディが好きで、レディの後をついて歩いたり、
レディの背中に乗っかったり、
レディが寝るとお腹のあたりで一緒に寝たりと、
ベッタリでした。

性格も犬に似たようで、
名前を呼ぶと飛んできたり、
おもちゃをくわえて持ってきたりと、
犬っぽい行動が多かったのです。

違う動物同志が仲良く寝ている姿は微笑ましいものですね。
仲良く過ごしてくれると日々しあわせを感じます。

猫と犬はどんな会話をしているのでしょうか。
猫と犬をを飼われる場合は是非、
猫ちゃんを後に迎えてみてくださいね。