友人と一泊旅行に出かける事になり、

チャーリーを母親に預けて出かけた事がありました。


チャーリーにとっては私がいない夜は初めてだったのですが、
旅行から帰ってみるとチャーリーの様子が変で、
トイレには行くものの、おしっこが出ていないようなんです。


何度もトイレに行って、
おしっこをする格好にはなるのですが、出ない。

仕方ないのでトイレから出る、
またしばらくするとトイレに行ってみる。
でも出ないからトイレから出る。


あらあらあら、大変ですよ。
ストラバイトかしら?膀胱炎かしら?


ひどくなってはいけないので、病院へ連れて行くことにしました。


ウンチが出ない事よりも、おしっこが出ない事の方が100倍大変です。


便秘は何日間か続いても出てしまえば問題なかったりしますが、
おしっこが出ないのは命に関わります。


何度もトイレに行くというのは、おしっこが出ていない証拠です。

こんな状態があったらすぐに病院へ連れて行ってあげてくださいね。


病院でチャーリーのおしっこの検査をしてもらいましたが、
軽くストラバイト結晶が出ているだけとの事なので、
何もせずに様子を見る事になりました。


泌尿器系の病気はいくつかあります。


今回のチャーリーはストラバイト尿結石。
ストラバイト結晶が泌尿器に溜まる事でおしっこが出なくなる症状です。
おしっこをレントゲンで見ると、キラキラした結晶が見えるそうです。
マグネシウムを抑えた食事などでケアする方法があります。


原因はいろいろですが、
『マグネシウム過多』とも言われています。


このマグネシウムを抑え過ぎて不足すると、
今度はシュウ酸カルシウム尿結石になります。


シュウ酸の方は結晶というより石になってしまうため、
溶かす事が難しく、大きくなり過ぎた場合は手術しかありません。


そしてもう一つ、おしっこが出なくなる膀胱炎があります。
こちらは膀胱に菌が入って悪さをするものです。
おしっこをする時に痛みがあるんですよね。
膀胱炎になった事がある方はご存知かもしれません。


泌尿器系のトラブルの場合、
1番の原因として考えられるのは、
猫のストレスです。


猫が何らかのストレスを受ける事で、
こういったおしっこの問題が起こりやすくなります。


猫のストレスとしては、
・飼い主さんが忙しくて遊んでくれない
・新しい家族が増えた、又は減った。
(人間や猫や他の動物など)
・新しい家に引越しした
・猫砂を変えた
・人が大勢遊びに来た
・家の外で工事が始まった
などなど。


敏感な猫の場合は、
ちょっとした事でもストレスになりがちです。


チャーリーの場合は、
私が今までになく長時間留守にした事が彼のストレスとなり、
おしっこが出なくなってしまったのだと思います。


私はあまり薬を使うのが好きではないので、
この時もお薬や注射はしてもらわず、
家に帰ってゆっくりとチャーリーと過ごしてみました。


そしたらチャーリーのストラバイトはひどくなる事なく、
すぐに治ってくれました。


泌尿器系のトラブルが起きた時に是非やって欲しいのは、
たっぷりな水分を摂れるように、
飼い主さんんい工夫して欲しいのです。


ごはんを水分たっぷりな食事にするとか、
水が入った器を何か所かに置いてみるとか。
食器を変えてみたり、お水を変えてみたり。
などなど。


水分をたくさん摂る事でおしっこをたくさん出します。
おしっこをたくさん出して、結晶や菌を洗い流して欲しいのです。


日頃水分をあまり摂らない子は特に気を付けてあげてください。


お陰様でチャーリーのストラバイトはすぐに治り、
それ以来おしっこ関係のトラブルは起こしたことがありません。


男の子は特に寂しがり屋で甘えん坊です。
飼い主さんが長期留守にする時は気を付けてあげてくださいね。