猫ちゃんの具合が悪くなった時、

頼りになるのが動物病院です!


みなさん、
どのように病院選びをされていますか?


地域によっては近くに1軒しかないという所もありますね。


犬や猫を飼う人が増えた分、
動物病院も以前に比べるとかなり増えているように思います。


そして、
先生によっていろいろな考え方があって、
動物病院と言ってもほんとに様々です。


最近は女性の先生も増えていますし、
若い先生もいれば、
経験豊富な年配の先生もいらっしゃいます。


犬が得意な先生、
猫が得意な先生、
鳥が得意な先生などもあったりしますね。


治療法もさまざまで、
ひと昔前まではほとんどが西洋医学でしたが、
最近は自然療法の先生も増えていますし、
治療法も増えています。


病気や症状を薬や注射、
手術で対応するだけでなく、
体に負担の無い副作用の無い方法も増えてきています。


日本では自然療法の認知度がかなり遅れていますが、
海外では人間の世界でも、
西洋医学を使うか、自然療法を使うか、
の選択は個人で自由に出来ますし、
保険も使えたりするんですよ。


私は自分自身も極力病院に行かない選択をしている方でして。
自分の猫にも同じ選択をしています。

検査にも出来るだけ行かないようにしています。
病院に行くことが逆にストレスになりかねないですからね。


しかし、そうはいって猫が具合悪くなった時にどうするか?


実はチャーリーも13歳の時に、
突然食欲が落ちて元気が無くなった事がありました。


さてどうしよう。。。


まずはいつもお世話になっている自然療法の、
女性の先生に相談しました。


本当はその先生の病院まで連れて行ければいいのですが、
自宅から遠かったので、
先生も猫に負担がかかるからと行くのは断念しまして。


近くの病院で検査をしてもらって、
その数値を知らせて欲しいとの事でしたので、
近くの病院へ行ったのです。


あっ、まずは私ひとりでね。


近くの病院と言っても初めて入る病院です。
どんな病院か分かりません。
自分で確かめなければなりません。


中に入ると出てきたのは、
とても優しそうな女性の院長先生でホットしました。(笑)


そして、
『私は自然療法を選択しているので治療はしないのですが、
検査だけしてもらう事は出来ますか?』
と尋ねたところ、
快く承諾してくださいました。


そしてチャーリーを連れて行き、
検査をしてもらった事がありました。


猫が具合が悪いと、
飼い主さんはどうしていいか分からなくなります。

どうしていいか分からなくなると。
先生に全て委ねてしまいます。すべてね。


でもね、
猫ちゃんの治療法は命に関わる場合もあるのです。
飼い主さんが決めないとダメなんですよ。

猫ちゃんを守るのは飼い主さんですからね。


ですから、
普段からどんな治療法があるのか、
しっかりお勉強してくださいね。


チャーリーの検査結果は『腎不全』でした。
クレアチニンが21と、
ビックリする数値で大変でした。


私の選択は自然療法でしたので、
そちらを選びました。


このお話しは次回にしたいと思います。