「音合わせがあるので帰ります。」
と言ったら、
「なんかその響きカッコいい~。」
と言われて30分早く会社を後にしたちえぞうです。

先日フラメンコの音合わせがありました。

4月にフラメンコをお披露する機会がありまして、
その舞台用です。

フラメンコは基本的には
生の歌、
生のギター、
生の楽器で踊ります。

なので、
音のテンポだったり、
長さだったり、
盛り上がりだったり、
自由に変えられるのですね~。

そして足を鳴らす場面では、
少しずつテンポを上げていって、
上がって上がって上がって、
クライマックスーーー!!!

みたいな事になります。(笑)

そんな1曲に込められたストーリーを、
ミュージシャンの方と事前打ち合わせするのが、
『音合わせ』でございます。

本来は踊り手がミュージシャンの方と打ち合わせをするのですが、
まだそこまで行っていない踊り手なもので、
先生が打ち合わせをしてくださいます。

私たしは音楽に合わせて覚えている振りを踊ります。
踊りで盛り上がりを観せたり、
次の合図をするようですが、
まだそこまで到達していないので、
その辺はこれからに期待という事で。

緊張の音合わせでしたが、
楽しい音合わせとなりました。

51926015_2096597247095592_2918863923300007936_n



《大きな声では言えないペットの話》ペット業界20年
★ペットパラダイム通信★これさえ知ればあなたもペットも健康長生き
3/11有料メルマガ創刊!ご登録お待ちしております。
https://www.mag2.com/m/0001685433.html